むきだしのことば。

ワーママブロガーの育児ブログ。妊娠、子育て、在宅ワークについて。

液体ミルクが発売開始!使い方、メリットデメリットを詳しく紹介中。

「液体ミルク」が、ついに日本で発売されましたね!
しかも、私が愛用していた「アイクレオの液体ミルク」なので、とても嬉しい気持ちで、ブログを書きました。
液体ミルクの使いかた、メリット・デメリットを詳しくご紹介します。

液体ミルクが日本で解禁!発売開始!

赤ちゃん用の「液体ミルク」は、海外では普及していたのですが、日本ではルールがなくって、製造・販売ができなかったのです。
それが、2018年8月8日に、衛生基準が定められ、日本で解禁となりました!!

そして、ついに2019年3月11日に液体ミルクの発売が開始されました!

 

▼液体ミルクはこちら

 

液体ミルクの使い方は?

液体ミルクの使い方はとっても簡単!
液体ミルクにストローをさして、哺乳瓶にミルクをそそぐだけ。
10秒で授乳ができるなんて神様・・・・!

液体ミルクの使い方

引用:https://www.glico.com/jp/enjoy/contents/ekitaimilk/

 

夜中の授乳に最高すぎない?!

 

 

液体ミルクの気になるお値段は?

液体ミルクは、コストが高くなりそう。だけど、実際はどうなのでしょうか?
Amazonの価格で粉ミルクと比べてみました

※2019年3月12日の情報です。

商品 容量 価格 1本あたりの価格
液体ミルク 125ml×12本 2,592円 216円(125ml)
粉ミルク スティックタイプ12.7g×10本 503円 53円(100ml)

液体ミルクは、お値段がちょっと高いけど、めっちゃ便利だから粉ミルクと併用するといいね!

 

液体ミルク、みんな使うの?

Twitterでママたちに聞いてみたら、液体ミルクを使いたい人が多数!!




液体ミルクって?

f:id:mykotoba:20180809005256p:plain

そもそも、液体ミルクって何なの?
日本では馴染みがない液体ミルクですが、欧米では普及しているそうです。



液体ミルクのメリットは?  

・災害時などに、効果を発揮!
お水やお湯がなくても、清潔なミルクを赤ちゃんに届けられる。
とにかく、それが最大のメリット!
個別包装されていて、衛生的なので、安心して与えられる。
調乳しなくて良いから、粉ミルクよりも、より衛生的だよね。

・外出時に、荷物が減って楽チン。



液体ミルクのデメリットや危険性、価格は?   

デメリットは調べてみたけど、まだあんまりわからないなぁってところ。
日本で基準ができたってことだから、それに合わせて安全で衛生的な液体ミルクの開発を、メーカーさん、どうぞよろしくお願いします!

 


価格は、粉ミルクよりちょっと割高になる可能性が高い。
欧米では、粉ミルクより液体ミルクの方が少し高いらしい。
粉ミルクよりも輸送コストがかかることが原因らしいので、日本でも同じことが言えると思う。

何にせよ、便利な液体ミルク、ぜひ使ってみてください!




▽粉ミルクと併用でいきましょう。